あまり固い話はしたくないのですが
最近、私の周りでは
「お金の勉強がしたい!!!」
って女性がすごく増えてまして。

そんなお声に応えて
今日は「お金・経済」について

書いてみます。


おそらくこれを読むだけでも
今の経済の仕組みが
なんとなーくわかるかも。

 


基礎知識がまるでない人にも

わかるように
できるだけ難しい言葉を使わずに
書いてみます。

 

面白い内容ではないかもですが(笑)
今の経済の仕組みについて
頑張って書いてみます。

長くなりますが
ぜひ最後まで
ついてきてください!!!

 

まず昨年からの
コロナの影響で


とりわけ世界経済においては
これまでの資本主義経済において
今までにない大きな変化が生じました。


ここから「元に戻る」
なんてことは考えにくく、

今後、この変化の波が至る所で
押し寄せることは
間違いないという。

こう言われると
「これから一体、
 なにが起きるの?」
って、不安になる人もいれば

「私は投資してないから
関係ない」
と、
全く関心を持たない人も
いるかもしれません。

 

でもね、
自分のことにしか関心がなく
世界の動向を全く知らないって

今の時代、
かなり致命的です…💧

だって
世界の動きと
個人の幸せは
密接に繋がっているから。

 

 

 

現在の生活に
一切のお金が介在しないような
完全自給自足の山奥で暮らす人には
影響は少ないかもですが…。

そうではなく
労働の対価としてお金を得ていたり
お金を出して物を買ったり

いわゆる一般的な
生活を送ってる人であれば
経済の動きは知っておいた方がいい、

と、
私は思う。


だって

みんな、お金好きじゃん。笑

ないよりあった方がいいって
思ってるじゃんね。

 

それなのに日本人の多くは
お金の真実について
まったくと言っていいほど知らない💧

 

「今の私たちを取り巻く
資本主義社会って
本当はどんなものなのか?」

「どうやって
今の経済の仕組みが生まれたのか?」

これに答えられる人は
大人でもそれほど多くない。

 

今の私たちの生活は
あなたが意識しているいないに関わらず、

『お金』を人生の価値基準の
一番上にせざるを得ない
『経済至上主義社会
(お金中心の社会)』

にどっぷり浸かっています。


世界のごく小数の人達が
有り余るほどの富を独占し

その一方で
最低限の生活さえ
満足に送れない人がいることが
当たり前としてまかり通る社会。

多くの人が高い価値を感じている
お金ですが

そもそもの話、
「お金ってなに?」
を紐解いていくと


お金というものが
いかに実態のないもので

私たちはそんな実態のないものに
おおいに振り回されながら
長らく生きてきたことに
気づかされます。


あ、
誤解のないように言っておくと

これはお金の善悪の話ではなく
経済の仕組みの話です。


知ってほしいんです。
すごく大事なことだから。

知らないことには
なんの手立てもできないから。

 

ここから少し
「お金ってなに?」
ってことを書いてみますね。


元々、
お金は物々交換のための
道具として流通し、

その後、
金(gold)を
お金の価値基準として

発行した紙幣と
同額の金(gold)を保管し

いつでも紙幣と金を
交換できる制度で
経済は回っていました。


これを
「金本位制」
といいます。


ところが
第1次世界大戦後、

「金の量と同等のお金しか発行できないと
  経済が発展しなくなる」
などという理由で
金本位制は廃止され

金(gold)の量に関係なく
紙幣が世の中に出回るようになりました。


ここから一気に経済の流れが変わり
実体経済と金融資産が一致しない、

今のいびつな経済至上主義社会が
完成しました。


たとえば
今の経済って

「銀行が誰かにお金を貸すたびに
 世の中にお金が増えていく」

という
おかしな仕組みになっています。

どういうことかというと、、、

ある会社が銀行から
1億円を借りたとします。

いわゆる
融資=借金ですね。

その1億円は
銀行にあったお金を貸した
と思われがちですが
実は違います。


その1億円は
もともと銀行には
「無かったお金」で

借金によって
新たに生み出されたお金。


そしてその
「無かったお金」に
利子がつく。

その利子が
銀行の利益になります。

なかったものに
利子をつけるって
「そんなのあり???」
と思ってしまうのは私だけ・・?

そして
「あれ?
 お金って政府が
 発行するものじゃなかったの?」
って思う人もいるかもですが

お金って
政府が発行するもの以外に
こうして増えているんですね。

ちなみに
今、私たちが

「お金として認識してる物質」は
世の中にあるお金の1/10しか
存在しません。


今のお金は
もはや
ただの数字。


日本人の預金は
およそ1000兆円以上あると言われますが
日本円の現金をすべてかき集めても
100兆円くらいにしかならない。


今、私たちがお金だと思ってるものは
預金金額の数字として
「情報として存在するだけのもの」
です。

だから
みんなが「自分のお金」だと
思っているものを

今、同時に全員が
銀行におろしにいったら
崩壊するのが今の金融。

 

そもそも
お金を発行する権限って
政府にしかないと思ってたのに

民間企業である銀行が
なんでお金を発行してるのか
不思議に思いません?


金本位制が廃止され、

一民間人が当時のお金持ちを集めて
銀行というものが作られた。


その民間銀行がお金を刷って
そのお金に利子をつけて
政府に貸し出す形で
今の貨幣経済が始まりました。

(今は国債を発行する形ですが
 やってることは同じ。)


政府はその利子を払うために
国民から徴収する税金を
増やしました。

え?
ってことは

そもそも民間銀行に
お金を作る権限なんて与えずに
政府がお金を作れば
余計な税金を払わずにすむんじゃね?

って思っちゃうのは私だけ・・?


今の日本では
お金を発行するだけで
年間9兆円の利息が発生しているそうで

この30年間で
300兆円以上の利息が発生している。


えー?
じゃあ、その莫大な利息は
誰にいってるの?

そして
「利息」というものは
その性質上、

お金を持っている人のところにしか
いかないものなので
格差が広がるのは当たり前じゃん!

(利息はお金を貸す側しか得られない。
 お金持ちだけがお金が増える仕組み)


他にもいろいろありますが
こんな風に

お金持ちだけのところに
お金が集まる仕組みが
出来上がっているのが
今の経済の仕組み

です。


こういうことは
大学で経済学部に行っても
教えてくれません。


でも
有能な経営者や投資家、
本当の富裕層たちは
こういうことを
全員知っています。


知った上でそのルールに則って
お金を回しているから
お金持ちなんです。


こういう仕組みを知っていくと

自分の時間と労力(=命)
を切り売りして働くという
概念はなくなっていきます。

最近では
これを「FIRE」と言って

ごく普通の会社員でも
金融知識を持つことで
金融資産を得ることができ

早期リタイヤをして
労働に縛られない
経済的自由を手にする生き方に
注目が集まっています。


個人的には
労働を否定するつもりは
サラサラありません。


私自身も労働を手放すつもりは
まったくありませんが
(ただ、お金のために働くという
概念はありません)

これからは労働だけでは
お金は増えにくい状況になるため
確実に厳しくなっていきます。


それを一足先に痛感している
アメリカでは
国民の半数近くは
若い頃から資産形成をはじめます。


それについては
日本は圧倒的に遅れていて
その必要性が骨身に染みてわかる時に

いざ始めようと思っても
資産形成は時間がかかるので

知った瞬間から1日でも早く
始める事が重要です!

 

昭和時代を生きた
私たちの親世代には
こんな知識はそれほど
必要なかったかもしれないけれど

退職金も年金も
当てにできないうえに
私たち世代は
人生100年時代を生きる世代。

50歳からの50年を
どう生きていくか?を

金銭的にも
哲学的にも
考えていかねばならないんです。


これからの時代は

「生きるために働く」
のではなく

「やりたいからやる!」

「好きだからやる!」

「楽しいからやる!」

「使命感を感じるからやる!」

といった
多くの人が
心からやりたいことをして

経済が回るような世界に
時代はシフトしていきます!!


なので

「自分が本当に生きたい生き方って
 なんだろう?」

そんなことを
家族など大切な人と共有しながら

経済の仕組みを学び、
これからの働き方、
これからの時間の使い方、
これからの暮らし方

について話し合い、


「その生き方を送るために
 お金はどのくらい必要なのか?」

「どんな金融資産を持てば
それが叶うだろう?」

そんなことを
家族で一緒に学びながら
プランニングして欲しいんです。


その第一歩として

このゴールデンウイークに

一緒にお金・経済の勉強をして
資産形成の具体的なアイデアを知り、
その一歩を踏み出しませんか?

↓↓↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/tierk

 

ゴールデンウィークにも関わらず
最適な最高の講師陣を
東京にお呼びすることができました!


今回、
講師としてお越しくださるのは

世界経済に精通し
投資・資産形成分野の
超プロフェッショナルの
中村先生と世野先生。


お二人とも本職は
世界金融の最前線にいるプロなので

本当に価値のある
生きた情報を聞ける

超貴重な時間です。


昨年は
「女性のための資産形成講座」
として開催し大好評でしたが

今年は
家族で学んで欲しいという思いから
「家族で学ぶ資産形成講座」
として
内容をリニューアルしました!


5/2(日)3(月・祝)
東京で開催する2日間集中講座。


会場に来れない方は
ネット受講もできるので
自宅で家族一緒に
学んでいただくこともできます。

(会場受講の方も
収録動画を自宅で観て復習できます!)


昨年の講座を受けていない方は
予習してから受けた方が
学びは深まるので

昨年のセミナー動画との
お得なセット販売もしています✨

詳しくはこちらからチェックしてくださいね!
https://peraichi.com/landing_pages/view/tierk