先週、大都市をはじめとする複数の都市で
緊急事態宣言が出されました。

テレビをつければ

「感染者増加」
「史上初の緊急事態」
「休業要請」
「パンデミック」とか

異常事態を感じざるをえないワードが
一日中飛び交うなか、

私の中では
そんなムードに逆行するような
不思議なことが起きています。

 

メディアと切り離した世界に
自分を置いてみると

特段にスペシャルに
平和でおだやかな空気が流れている。

 

たしかに頭の中は
あれこれ思考が飛び交い騒がしいのだけど

エネルギーで感じるのは
とても静かで穏やかな空気感。

 

それはなんていうか、
外のとんでもない騒ぎが
まるで全部、
虚像のように感じるほど・・・。

 

あ、私たちはこうやって
『事実』『錯覚』
ごちゃ混ぜにして生きているんだ。

そう気づかされる瞬間。

 

自分にとって
一体なにがまやかしで
なにが本当か?


実は肌感覚レベルでは
ちゃんとキャッチしていて
自分にとっての現実はたったひとつしかない。


自分が感じたことこそがリアルであり、
そこにしかリアルって存在しない。

当たり前のことなんだけど、
この数日、ふんわり感じてたことを
言語化してみました。

 

 

さて、
今回のコロナ騒動ですが
「ウィルス」のことだけ見てたら
全体像は絶対に見えてこない…。

 

「コロナは危ない!」
「とにかく今は自粛!」
と、

そこしか見ていない人は
もっと別の角度から
物事をとらえる視点が必要かもしれない。

  

だって
やっぱりおかしいのよ。 

 

(武田邦彦先生のyoutubeより
https://www.youtube.com/watch?v=Gevkyg8jWlM

  

メディアはこういうデータは
一切出さないね・・・。

これは1週間の感染者数のグラフだけど

今年でいえば
インフルエンザはコロナの1000倍以上の感染者、
コロナの100倍の死者が出ている。

インフルエンザはこれが毎年のことだけど
これまでこんな世界中で
大騒ぎになったことなど一度もない。

 


そもそも新型ウィルスは
自然発生も人造も含め、
山ほど出現してきたわけで

それなのになんで今回だけ
世界中で一斉に

都市封鎖だの、
外出制限だの、
休業要請だの、

こんな大騒ぎになるわけさ?

 

これをする本当の目的ってなんだろう?

 

騒ぎの裏で世界はなにを動かしてる?

日本の政治は騒ぎの裏で
今、どんな動きをしてる?

 

これを見るだけでも
いくつかのシナリオは描けるくらい、
結構わかりやすく動いてるよ。

 

それが見えている人と
見えていない人では

今とるべきアクションが
全く違ってきちゃうの、
わかりますかね?

 

この数週間、
SNSやメディアなどを観察してたけど
(引きこもりで、ヒマだもんねー・・・。)

著名人、有名な学者や研究者など
有識者と言われる人たちや

またはそういう人達に話を聞いたという人など
たくさんの人が発信してるけど
違和感を感じるものがすごく多くて💦

 

 

この騒動より前から
ずっと自分が信頼できると思って
情報を受け取ってきた発信者の動きも
マメにチェックしていたけど

やっぱりこれまで
自分が信頼してきた人たちの発信には
ほとんど違和感を感じない。

 

この違いはなんだろう?

 

一般的に有識者と言われる人でも
言ってることに

なんとなく違和感を感じた時は


その人のバックボーンを調べてみると
「あー、だからか・・・」って
違和感の理由がスルッとわかる。

 


たとえば、

ベストセラー作家だからとか、
ノーべル賞受賞した人だからとか、
感染病の専門家や医者だからとか、
好感の持てる有名人だからとか、

そういう肩書きがあると
ついつい信頼性が高まるけれど、


有名な人ほど
その人にどんなスポンサーが
付いてるかを確認してみよう。

 

だって、
研究者なら研究費をどこから貰ってるかで
当然、発言が操作されちゃうのは
当たり前じゃん!

 

情報に触れる時に
このベースを持つことは
今、とてもとても重要なこと。

 

『背後にある本質』

これに繋がる意識を持って
しっかり想像力を働かせて

情報を取り込んでいかないと
ホーーントまずいってば💦

 


触れた情報をそのまま鵜呑みにするのではなく、その背景にどんな意図があるか?


その情報をそのまま受け取って
行動した先の未来をイメージすると
いったい何が見える?

メディアって
公共のものであるように
思いがちだけど、

非営利団体じゃなくて
株式会社だよ。

ってことは
メディアの情報って
ホントに公正???

 

国連とか
WHOとかも
「学校で習った世界的な組織だし
民主主義で運営されてる機関だから安心!」

って思いがちだけど
それってホント?

誰がなんのために作った組織なの?
という経緯を知ってみると

「おやおや??」
という一面も見えてくる。

 
例えば、
今、メディアに登場する機会の多い
WHOのトップのあの方。

彼のバックボーンを知るだけでも
今のWHOが

どこの誰の意向を
強く受けて動いているかがわかるはず。


あまりにわかりやすく動いちゃって
トランプさんがWHOに怒ったのは
そういうことでしょ?笑

 
表の発言だけ聞いてたら
わからないことも

背景や行動をちゃんと見ると
見えなかった側面が
おもしろいくらいに見えてくる。

 

えっ?
なんか難しい?

そんな細かく情報なんて見れてらない?

なんだかめんどくさい?

 

いやいやいや…

『見えなかったものが見える』って
めちゃくちゃ
おもしろいじゃーーん!!!

 

一見なんの関係もないような
点と点が

実はすべて線になって
繋がっていた!!

ってことが
わかったら

「コロナ」だって
結局は私たちが
生み出したものだってことがわかってくるよ。

 

 

今回のことは
ウィルスだけの問題ではないということは

世界の動き、
日本政府の動きを見ても明らか・・・。

 

でも残念ながら、
日本のメディアは
肝心なことほど
まったくといっていいほど
報道していない。

 

じゃあ、
私たちに知らされないところで
一体、何がどう動いているのさ?

 

そういう事実を
しっかり見つめたうえで

今はスピリチュアルな概念を
持ち合わせることも
絶対に外せなくて

宇宙の法則とか
宇宙意識という

「ちっぽけな人間なんかが
逆らえるはずのない
大きな流れというものがある」

ということを
感じとる感性と

それに抗わず
すべてを委ねられる柔軟さ、

この両方のバランス感覚が
今まで以上に
ホントに大事だと痛感します。

 

 

で、
ここからは告知になるのですが

そんな今だから

みんなにお伝えしたいこと、
みんなと一緒に共有したいこと、
みんなと一緒に考えたいことがあります。

 

自粛要請のさなかではありますが
『今、本当に必要な情報』
を伝える講座なので

今月実施の以下の2つの講座は
予定通り開催します。


★4/18(土)収録
オンライン講座

『コロナウィルスと情報リテラシー』    
http://nagoya-0418.mystrikingly.com


★4/19 松山★

『令和を豊かに生きる~経済的自由人になるために~』
https://xn--eckaubhp5c.com/seminar/5236/

名古屋は緊急事態宣言実施に伴い、
会場受講の募集は締め切りました。

現在はネット受講(後日、収録動画をお届け)のみ受付中です。

 
どちらの講座でも
今日のブログで書いたような
メディアではほとんど報道されない

「今、世界で起きていること」や
日本が置かれた立ち位置や予測される動き、

それによって想定される
これからのシナリオパターン、

そして
メディアに振り回されず
自分で情報を精査できるようになるための
「情報リテラシーの上げ方」についても
お伝えしていきます。

 

先にネダばらししてしまうと
情報リテラシーを高めるには

『本質を見極める知性』と
『宇宙の法則を感じられる感性』

が大事だよー!
ってお話です。

個人的にも
超ワクワクな講座です❤️

 

あ、ちなみに
これはどっちも
講師は私じゃありません。

 

こんな壮大な内容で
私が講師だったら不安よね🤣

 

私は聞き手で
ファシリテーター役として

できる限り
皆さんにわかりやすくお伝えできるように
進行をさせていただきます❤️

 

じゃ講師は誰なのさ?
というと、

こういう話、
日本で一番くわしいのは
この人しかいないでしょ❗️

政治から歴史から医療から
世界中に表と裏のネットワークを持つ、
神谷宗幣さん!!!

(なんと神谷さん、
 先日4/11にこれまでにない
 めちゃくちゃ画期的な
 新政党を立ち上げたよ!!
 これはホントすごい希望!!!!
 https://www.sanseito.jp/ )

 

先週、
この2つの講座について
神谷さんと打ち合わせしたので

ここぞとばかりに
今、このコロナのことで
いろいろ疑問に思ってることを
ぶつけてみたけど

さすが神谷さん!!

リアルもスピも
面白い情報をめっちゃ持ってた!笑

 

「えーー!やっぱりそうなのー!?」とか、
「うそー!!まさかー!?」と、

かなりエキサイティングだったので
講座ではいろいろ突っ込んで
スペシャルな話を聞き出します。

 

特に
コロナ騒動の全体像のお話と
事の発端であるアメリカ中国問題のこと、

大きく変わってきた
各国のポジションや
日本のポジションの話とか

これらは今、
知っておくべき大事なポイントなので

それも神谷さんにわかりやすく
伝えてもらうよう
オーダーしましたよ😆


楽しみにしていてください!


おそらく不安な気持ちよりも
ワクワクする気持ちの方が大きくなると思う❤️

 

時間が経てばコロナが終息するとか、
ウィルスが落ち着いたら元の生活に戻るとか、

もし今、そう思って
ジッと動きを止めようと
思ってる人がいるとしたら
ちょっと違うと私は思う。

アフターコロナではなく
ウィズコロナの世界に向けて
今は「仕掛ける時」なんです。

 

この先どんな未来が起こりうるか
シュミレーションができれば

今、自分は何をすべきかが
それぞれ見えてくるはず。

(そのうえで「動かない」という
選択をするのはありだよね!)

 

今、自分がすべきことがなにか?は、
自分の頭で考える以外にない。


なにか動き出すのは
この騒動が「終息するまで」とか
「元に戻るまで」とか思わない方がいい。

やっぱりこれは
短期スパンのことではないから。


こういう状況が何年、
何十年続いて

今まであったはずのものが
なくなったとしても

都度、それに対応して
進化を楽しんで生きれる自分でいないと
ここからの数年は厳しいかもしれない。

 

こういうこと書くと

人によっては怖く感じちゃうだろうし、
不安を煽るようで
どう書くかすごく迷ってね・・・。

 

大事なことは講座の中でだけ
話そうと思ってたんだけど、

この数週間、
あまりにメディアの報道も
SNSのシェアも偏っていて

それに振り回されて
思考停止状態で
「自粛自粛」って
人に強要してるだけの人も多いから

少し立ち止まって
自分の感性でものを
見れた方がいいなと思って
いろいろ思うことを書いてみた。

 

あ、もちろんですが
「自粛するな」って
言ってるんじゃないです💦

大丈夫?
伝わってますか?

 

 

誤解を恐れずに言えば

「感染したら人が死んじゃう」
って思う人もいれば

「コロナで死ぬことはない」
と考える人がいるのは
仕方のないことなのです。

 

 

もっと言うと

「絶対死にたくない!」
「死ぬのが怖い!」
「死んではいけない!」
って人がいれば

死に対して
まったく恐れを持たない人もいるのよ。
 

 

今まではこういう
価値観の違う相手のことは
お互いが「異物」としてとらえ、
分離を生んでいたけれど

これからは
「違い」は
分離の要因にならない世界になっていく。

 

さてどういうことだろ?

 

これについては
また時間ができたら
書いていきますねー💕

自宅にいながら
好きな時間に学べるオンライン講座。

4/18に収録後、
メールにて動画をお届けします。

↓↓

★4/18(土)収録
オンライン講座

『コロナウィルスと情報リテラシー』    
http://nagoya-0418.mystrikingly.com

 
 
 
今後のイベント情報などは
メールマガジンからお届けします。
 
ご登録はこちら
 ↓

ウーマンハピネス研究所