私たちが「常識」というものを取り払うと
こんなにも違う世界が見えるものかと
いつも驚かされる。

 

たとえば先日、
「凄すぎるお産」
あることを知った。

 

こんなお産があるなんて聞いたことない。
女性なら誰しもが
大きな衝撃を受けると思う。

 

一般的には
赤ちゃんを産む時の「お産」って
「とんでもなく痛く苦しいもの」
という認識が圧倒的に多いし、

実際に多くの女性が
出産時には大きな痛みを体験している。

 

 

その一方で
数年前に

出産時に快感を感じる
「オーガズム出産」なるものを
経験してる女性がいることも知って
とても興味をそそられた。

 

 

「オーガズム出産」とは
超簡単にまとめると


妊産婦さんが心地よく
リラックスできる環境をつくり、

ごくごく自然な形で
自由なスタイルで出産に臨むことで

 

オーガズムを感じるかのような
気持ちの良い出産が
可能になるというもの。

 

こんなお産がもっと広まり、
みんなもっと気持ちよく産めたらいいよね。

 

「オーガズム出産」については
この本で書かれていますよ。
  ↓
あなたが目覚める愛と性のギフト

(この本にはなんと、
私の体験談も取り上げていただいてます!
詳しくはこの記事を読んでね。)

 

 

でも、はじめに書いた
「衝撃を受けたお産」というのは


これとは違って
さらにさらに驚きです!!

 

これこそ「究極の愛の出産」で
「自然出産の究極系」
だと思うほど。

 

これはアメリカの自然出産の助産院で
実際にやっていて

何度も言うけど
かなり衝撃的です💦

 

 

一体どんな出産なのか、、、

順を追って書きますね。

 

まず、

出産場所は
自宅か森の中のテント。

 

分娩中は明かりを暗くして
ムーディーな音楽をかける演出を。

 

そして、
ここからが衝撃‼️(しつこい…)

 

 

分娩中の妻の身体を
夫が優しく全身を撫でたのち、

キスをしたり
乳首を刺激するなど
愛撫をして

まるでこれから
セックスをするかのような雰囲気で
お産をはじめるというのだ!!!

 

 

えーーーーー!!!


近くに助産師さんいるよね?

人前でーーーー?
公開愛撫ですか?!笑

(これって女性より
男性の方がプレッシャーな気がするけど、
男性の皆さん、どうですか?笑

私はその場になってしまえば
たぶん全然平気!笑)

 

 

ここまででも十分にビックリなんだけど
それによる女のカラダの反応には
さらに驚かされる!!

 

 

産婦さんの口にパートナーがキスをして
産婦さんの口が開くとね、

なんと同時に産道も開いて
赤ちゃんが出てきやすくなる!!!

 

そして

乳首を刺激すると
子宮収縮が促され、
分娩がラクに短時間で終わる!!

と言うのだ!

 

(陣痛促進剤の作用は
 「子宮収縮を促すこと」。

 つまり、乳首を愛撫すりゃあ
薬はいらないってことですか?!笑)

 

 

おまけに

お産の時に乳首を愛撫することで
授乳時の乳の出も良くするそうで

これらの一連の効果?は
すでにアメリカの医療チームによって
研究・実証済みなんだそう。

 

すごーーーーーーーい!!!

 

これを発案した
助産師の方の発想が

またすごくてね!!

 

『赤ちゃんを産むには
 赤ちゃんができる時と
 同じエネルギーを使うのが
一番よいと思ったから』

だって。

 


なにこの発想!!!

 

 

そして、
このひと言の

腑に落ち感がすごい!!!

 

 

そして

実際に
カラダはある意味
それが正解であることを
示しているわけで、、、

 

あぁぁ震えた

この震えが
魂に響き渡って
その余韻がやばい…

 

 

とはいえ、
実際に
出産経験のある人からしたら

「あんな状況で
 愛撫なんてありえない💦」

って思うでしょう。

 

 

私の友達は
出産時、あまりの痛さに我を忘れて
看護師さんを思いきり蹴ってしまった、
なんて言ってたもん。

 

たしかに
それどころじゃないって
思うよね。笑

 

 

でもね、

その助産院では
このお産のやり方で
すでに千人以上の赤ちゃんを取り上げていて

実際にこういう出産を
経験している女性達が
世界には存在するわけ!

 

信じられないけど
事実なんだよね。

 

私たちは
「自分が知ってる世界がすべて」
と思いがちだけど、

でも本当は
自分が見てる世界なんて
ホント米粒みたいに小さい世界
なんだって思う。

 

私たちは知ってるようでいて
本当はなにも知らない。


だから
もっと私たちは見えていない世界にも
目を向けて、世界をグッと広げないとね。

 

じゃないとホント窮屈だよ、
マジで。。。

(いろいろ悩みを抱えて苦しい人って
単に選択肢が少ないだけ。
もっと視野を広げなってば💦)

 

で、
ここでひとつの疑問が生まれる。

 

先に書いた
「オーガズム出産」もそうだけど
なんでこういうお産が広まらずに

「痛い苦しい出産」が
 今の世の中のスタンダードになってるの??

 

 

昔はみんな自宅出産が当たり前だった。

病院で分娩台での出産が
広まったのはいつから?

なんでそうなったの?
誰が何のために?

 

その背景にはなにがあるの?
その頃って日本はどんな状況だったんだろう?
世界は?どんな状況?

 

考えたことないなら
考えてみよう。

違う視点が生まれるよ!


(「女性のための社会学講座」を受けた人なら
もうピンときてるよね。)

 

 

話がそれましたが、、、

 

これを知って
改めて私は

女のカラダの奥の深さを
強烈に思い知らされました。

 

 

出産という命がけの
仕事の最中ですら

「女のカラダは
 男に愛されることを
 徹底して求める」

 

女とは
“そういう生き物”なんだということを
カラダは改めて教えてくれました。

 

 

そこには

「愛される悦びを
 とことん味わい尽くしてやる!」

っていう
強い意志を感じずにはいられない😭

 

 

カラダって
ホントに魂の表現者だ

 

 

そして

私は女という生き物に
ますます魅了され、

ますますその神秘について
この身をもって知り尽くしたいと思うのです。

 

セックスという行為だって
決して生殖のための
単純な世界じゃない。

 

 

深掘りしていくことで
カラダを通じて
男と女という生き物の本質見えてくるし、

 

人はなぜこれほどまでに
性欲や愛欲という形で
強烈に互いを求め合うのか、

 

そこには
子孫繁栄のためだけではない、
人間の進化の最終形に近いものが
そこにある
って思えて仕方ない。

 

 

人間に
「男」と「女」と
2種類の性が存在する意味。

 


片方だけでは

人は完成しないのよ・・・。

 


セックスは
「命の創造」のためだけにあるんじゃない。

 

女の性器って
脳と深く結びついてるので


女性の意識の在り方に

女性器が大きな変容を及ぼすことは
すでに科学で証明済み!

 

その変容には
女は自分ひとりでは
そこに辿り着けない。

男性もしかり。

 


あ、また話がそれてきちゃった💦

 


来月23日に開催する

一明源さんと私のコラボイベント
「SEX AND THE  WOMAN(大人の女の基礎教養)」
そんな奥深い話もしていこうと思います!

あ!!そうそう、
このイベントを収録したものを
動画販売することが決まりました❣️

詳しくは下の案内を見てね!

 

 

なんでそんなに
私がセックスに興味を持つのか?

 

もともとエロな話は大好きですが
それだけだったら
こんなに恥ずかしい自分の話なんて
わざわざ人にさらさないってば!

 

人が幸せに生きるための
本当に大事なことがたくさん隠された
「パンドラの箱」なんだよ、セックスって。

 

【SEX AND THE WOMAN
   大人の女の基礎教養】
〜愛と性にまつわる幻想と真実〜

日時:2/23(土) 13:00〜16:00

会場:東京 渋谷「クォーツギャラリー」
参加費:早割価格11,000円(1/31まで)
お申し込みはこちら※当日会場に来れない方に
2/23のイベント内容を収録した
  動画販売もいたします!「会場に行くのは気がひける・・・」
「当日はどうしても都合が悪くて・・・」
「東京までは遠くて行けない・・・」そんな方はぜひ動画でご覧になってください!
お申し込みページから購入できます!
 無料でLINE登録すると
ブログでは書けない情報や
LINE先行案内、LINE読者限定プレゼントなどもやってます!
ご登録はこちらから。
           ↓

【浅井ちはるLINE@】
https://line.me/R/ti/p/%40lrn4023o