本日、水瓶座の新月を迎えました。
そして、旧正月での元旦✨

 

新月と新年を同時に迎え
新しいことをはじめるには
うってつけのタイミング!!

(私のカラダも、月としっかり連動して
 生理を迎え、大デトックス中!)

 

それと同時に

「古くて窮屈なものや
 もはや機能していない従来のものが
 いよいよ本格的に淘汰され

 革命、改革の流れが
 ドバーッとやってきました!」

 

これはつまり
私たちのが待ち望んだ未来
すぐそこまで来てるってこと!!

 

 

もう誰も良いなんて
思っていないのに

「こういう“しきたり”だから」
「これはこうと、決まってるから」
「今まで問題なかったから」

みたいな
“思考停止丸出し発言”
していたら

どんどん時代から
置いてきぼりをくらう💧

 

 

ただ、
間違えないでほしいのは

「古いもの」
「変化しないこと」
が悪いのではなく

 

大切なことは

『変えてはいけないこと』
『守り続けるもの』

と、

『変えるべきこと』
『新しくするもの』

の見極めだと思います。

 

 

自分にとって揺るぎないものは
ブレずにしっかり守ることが大事。

 

 

変えていかないと
いけないことのひとつに

私たち女性の意識や価値観
があります。

 

 

長らく男性社会の中で
押し潰されてきた女性性。

 

「世界一感度が高い!」といわれる
日本女性の感覚は
これまでの社会では
あまり発揮する場がありませんでした。

 

 

なにか口にすれば

「余計な口をはさむな!」
「今、そんなことを問題にしてない!」

なんて切り捨てられたり、

挙げ句の果てには

「自分の要求ばかりで傲慢だ!」
なんて心ない言葉に

声を上げることを諦めた
女性たちの悲痛な叫びも
たくさん聞いてきた。

 

 

でも
女はわかっているのですよ。

 

 

一見、
自己中に思える
幼稚な要求だって

わざわざ女性が
それを口に出して伝えて

 

男性がそれに耳を傾け
応えていくことに
どんな意味があるのか?

ということを。

 

 

この地球上に
男と女が存在する意味。

それぞれの役割。

 

 

命の創造が
男女混合のエネルギーなしに
成立しないように

すべての創造は
片方だけのエネルギーでは
成立しない。

 

 

そして

豊かな創造性が循環するために
幸福、調和の道に向かうためには
絶対的な順番がある。

 

 

女から男へ。
はじまりは女。

だから
私たちは伝え続けなければいけない。

 

 

これは優劣ではなく
それぞれの役割です。

 

ヒトラーは
これがわからなかったために
あの突出した才能の使い道を間違えました。

彼のそばに強い女性エネルギーがあったなら
歴史は全く違うものになったはず。
(ただあの時代に強い女性エネルギーは
育ちにくかったのかも・・・)

 

 

今、時代は男性性から
女性性の時代に入りました。

 

何度もいいますが
男性がダメで女性がいい、
という話ではありません。

男性性、女性性の
エネルギーの問題。
(ちなみにすべての男女とも
 両方のエネルギーを持っています。)

 

 

じゃあ
女性性の時代とは
どんな時代かというと、、、


「目に見える物質的な豊かさよりも

 目に見えない精神的な豊かさを求める」


「個人主義より

 全体調和」


「“これが正しい”

 という白黒ハッキリよりも

 “正解はない”
 という曖昧さ」

こんな風に価値観が
変わっていきます。

 

 

そうそう、

ちょうど
昨日、今日と

私の中でもね、
ガツンと今までの価値観が
変わるような出来事がありました‼️

 

 

くわしくは長くなるので
また別の機会で書きますが、

簡単にまとめると


「もう戦いは終わりだよ」

ってこと。

 

 

これからは

「自分が正しい!!」とばかりに
勝つことにこだわる人には
険しい道を歩むことになる。

 

そして

あえて
「負けることができる人」が

最強です♡♡♡

 

私、ずっと負けられなかった・・・。笑

やっと「負けていいよ」って
OK出た・・・。笑

 

あぁぁぁ、
長い便秘がようやく終わった感じ?